読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごめんねサラリーマンのなはし

インスタでフォトジェニックな食べ物を見つけて

こりゃ行かねばと思い調べていると

どうやら味は、チェーン店でありながら頑張っている、程度だという。

 

行くギリギリまで美味しいお寿司屋さんに行くか悩んだ末

フォトジェニックをとったのである。

 

実際にお店に行ってみると、まぁランチ営業の居酒屋さんで

全体的に値段も安く混んでいる。

 

注文して待つことしばし、500円ランチが売りのお店で

1200円の派手な食べ物が運ばれてきたので注目されてしまった。

 

斜め後ろで注文を決めかねていたサラリーマンの二人組みから

私の来たものを見て、それ美味しそう、というオーラを感じた。

 

味は、まぁ、一回食べれば良いかな、程度のあれ。

 

私は知っていて食べてるので、そこに来て見て食べたくなったのとは違う。

美味しくなくても覚悟がある。

 

一方サラリーマンは期待度マックスでメニューを確認しているんだと思う。

 

さっさと食べ終わった私は、あのサラリーマンがアレを食べていないことを願いながら

お会計をしに振り返る。

 

食べてるよね。アレ。

 

なんか、ごめんね。私のせいで。

あと写真も下手だし。

 

 

f:id:kurae-omiz:20170226222054j:plain